EPAサプリおすすめランキング

EPAサプリおすすめランキング >> EPAを多く含む食品

EPAを多く含む食品

EPAを多く含む食品として、青魚が挙げられます。基本的に効率よくこれらの食材から、EPAを摂取するためには、その調理法を知っておかなければなりません。つまりは食材の状態から、どういった食品にすればいいのかということがひとつの問題でもあるわけですね。

基本的にはマイワシやサンマ、サバのような青魚での食品は、そのまま脂の乗った状態で刺身として食するのが基本です。サバやサンマでは焼いて食するというものが、一般的な食品になるわけですが、こういった加工をしてしまうと、脂肪が外に逃げてしまうことがありますから、あまり効率的とは言えないのです。ですから刺身が一番なのです。ただしこういった青魚は、新鮮な状態でないと、生臭さが際立ってしまい、苦手だという人も多いですよね。

特にサバなんていうような食材は、臭みが苦手だとしている人は多いことでしょう。こういった場合には煮魚にするという方法がベターですね。またグラタンなども脂肪を逃がさない調理方法ですから、効率的な食品だと言えますよ。おすすめできないのは、高温で加熱し、脂肪分を溶かしてしまうという揚げた食品です。

他にも本マグロが挙げられますが、マグロの場合は赤みよりもやはり脂の乗っているトロの部分に多く含まれています。ですからトロの刺身や、トロの炙りなどの食品が効率的な摂取ができるでしょう。その他にもEPAやDHAを多く含む食品として挙げられるのは以下の通りです。養殖ハマチの刺身。キンキの煮付け。すじこ。養殖のマダイ。これは養殖というところがポイントです。天然のマダイはそこまで脂がのっていませんからね。ほどよく脂が多い養殖ものに多く含まれています。他にもうなぎの蒲焼。ブリの照り焼き。このしろなんてところが挙げられますね。

ベースとして覚えていて欲しいことは、脂がのっているということ。そしてその脂を飛ばしたり、溶けさせていないような食品が、効率の良い食品であるということです。となると魚でも、養殖以外の場合には、それそれの旬の時期と、それ以外の時期では、EPAの含有量も変わってくると言えるのではないでしょうか。また食品からEPAやDHAを摂取するコツとしては、体内で酸化してしまい、過酸化水素ができるということを防ぐために、βカロチンの多い、緑黄色野菜と一緒に摂ると、より効率よく体内に摂取することができますよ。ですから上記の魚と一緒にニンジンやカボチャなどと一緒にグラタンにしてみたり、煮付けにほうれん草を添えるなどをした食品がベストな食品と言えるのです。

EPAサプリ口コミランキング!最新人気No.1はココのメーカー!

  商品名 価格 提供企業 オススメ度 詳細
サントリーの
DHA&EPA+セサミンEX
5,500円(税別) サントリーウエルネス株式会社 ★★★★★ 詳細

468x60 非P媒体用(10%増量)imp

>>ランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2013-2014 EPAサプリおすすめランキング All Rights Reserved.