EPAサプリおすすめランキング

EPAサプリおすすめランキング >> EPAと魚肉ソーセージ

EPAと魚肉ソーセージ

青魚の脂部分に多く含まれているということが分かっているEPAですが、同じ魚をベースとした食品に魚肉ソーセージってありますよね。魚肉ソーセージの中には、どの程度にEPAが含有されているか、気になりませんか。

魚肉ソーセージの生成方法は、マグロなど魚肉のすり身をケーシング、つまり動物の腸やそれに似せたコラーゲンやプラスチック、セルロースなどの人工物の中に入れ、加熱してソーセージ状にするという方法をとります。JASの規格において、魚肉及び鯨肉の原材料に占める重量の割合が50パーセント以上のものを「魚肉ソーセージ」としていますから、これを参考にEPAの含有量の計算します。ちなみに15パーセント未満のものはソーセージ。15パーセントから50パーセント未満のものは、混合ソーセージとして明記されていますから、魚肉ソーセージから、EPAを摂取しようと考えている場合には参考にしてみてください。

さてこの魚肉ソーセージに含まれるEPAの量ですが、100gあたりの魚肉ソーセージに含まれる多価不飽和脂肪酸は910mgというところが一般的な含有量だとされています。その中で、EPAは300mg、そしてDHAが800mgというところが平均的な含有量だとされています。このことから考えると、それなりの量の魚肉ソーセージを食べる生活を毎日続けていくと、不足を感じない量を摂取することができますが、大好物であったとしても、なかなかこれを継続させていくことは、現実的に難しいと言えるのではないでしょうか。

やはり生魚などの食品と比較してしまうと、あまり効率の良い摂取方法とは言えないのではないでしょうかね。ただし抜群にカロリーが低いということで、EPAの摂取を考えている女性などには、何気に人気のある摂取方法になっていることも挙げられます。ちなみにカロリーは、1本分で161キロカロリーというところが平均です。

やはりこういったことを考えた場合、手間的なことを考えても、摂取をする継続性というところを考えても、またかかるコストなんてものから考えてみても、サプリメントによる摂取がベストな選択ではないでしょうか。当然にまいわしやまだらなどの刺身などの食品からも摂取するとしても、それを毎日食するのではなく、定期的に行えば、無理をせずEPAを摂取することができるでしょう。足りないと思った日には、サプリメントで補い、毎日継続していきましょう。

EPAサプリ口コミランキング!最新人気No.1はココのメーカー!

  商品名 価格 提供企業 オススメ度 詳細
サントリーの
DHA&EPA+セサミンEX
5,500円(税別) サントリーウエルネス株式会社 ★★★★★ 詳細

468x60 非P媒体用(10%増量)imp

>>ランキングの続き・2位以降を見る


▲このページの上部へ
Copyright (C) 2013-2014 EPAサプリおすすめランキング All Rights Reserved.